電話番号 052-261-8989  営業時間 :12:00~24:00 受付時間:11:00~22:00 定休日:なし 不定休

【AMI】ガバガバアナル

【AMI】ガバガバアナル

2020/10/03

彼とのプレイはよく縄を使う。
そのおかげで緊縛を改めることが
できた。

吊れる場所を色々探し、一宮にある
全て一棟建てになったホテルの和室
が吊れそうだったので行ってみると
梁があった。
もう何年も吊りはしてないので、
半吊りくらいにしておいて遊んだ。

上部と片足を拘束され吊られるのも
なかなか大変だと思う。
しかし、拘束だけよりも更に自由も
効かないし、構えることもできない
状態になる。

完全弱者になった彼を責める事に、
私は優越感に満たされ心地よかった。

蝋燭を垂らし、彼が刺激を受ける度に
身体をビクッとさせるのを愉しんだり、
アナルの周りを弄り焦らしまくって
どんどん淫乱になってく彼を眺めたりして玩ぶ。
形を変えて今度は両脚を吊ってみると、
アナルが丸見えになるくらい尻が上がり
恥ずかしい姿になった。
アナルが開放された姿は彼にとって快感だったでしょう。
晒される事がマゾにとって嬉しい事であり、興奮するだろうから。
彼のアナルを見ると最初にあった時よりも締まりがない肛門になり、アナルで遊んでいるブヨブヨした肛門の入り口になっていた。
アナルの中もほぐさなくても、最初から指2本入ってしまい、あっという間にフィストもはいるガバガバケツマン×コに
なっている。
フィストで拡がったら今度は超極太ディルドで突きまくり彼は快楽に堕ちていく。
極太を入れた後、更に太いのを欲しがる
ので、あえて指2本だけでゆっくりと出し入れしてみると、それでも逝ってしまうくらい敏感になり、今回も淫乱な貪欲アナルに開発されていった。

帰りに彼のペニスに貞操帯をつけて
あげた。

次会うまでちゃんと付けておくのよ。
そしたらおまえは忠実な奴隷として
認定してあげるわ。

← 次へ日記一覧へ前へ →

掲載されている画像音声文章等のすべての情報は著作物として保護されています。提供される情報を権利者の許可なく使用転載など二次利用する事を禁じます。
Copyright (c) 2020 名古屋M専科【ClubROZE(ロゼ)】公式サイト All Rights Reserved.